反社会的勢力調査 危機管理業務 JASDAQマザーズ上場企業向け 債権回収調査

初めての方はこちら

  • HOME »
  • 初めての方はこちら

○1 「調査会社と会うのも話すのも初めて」というあなたへ

”調査会社は初めて”というあなたが、調査会社と接触する前に、抱いている不安や疑問を出来るだけ解消できるよう、FAQとケーススタディをこのサイトに多く盛り込みました。大切なことは、なるべくストレスフリーの状態で、調査会社との面談に臨んでいただくことです。調査のご相談を頂く際、私たち調査会社は「他者に絶対知られてはいけない」情報を伺わないと、適切な結果を導くことが出来ません。せっかく意を決して調査会社へ出向いたのに、「思うように話せなかった」「うまく説明できなかった」「時間が足らなかった」・・・、こんな思いを持たれたならば残念です。弊社に調査をゆだねる前に、このサイトに記載した情報を隅々までご覧になって、「調査を頼むか」「今回は見送るか」納得いくまで考えて頂きたいと思います。
※メニューバーの『よくある質問』をご覧ください。

○2 大手調査会社では手におえない調査を企画提供しています

大手調査会社とは、帝国データバンク/東京商工リサーチの2社を言います。大手だから万能なのかといえば、決してそうではありません。彼らにも不得手がある一方、弊社ならできる調査もあります。「反社会的勢力者調査(いわゆる反社チェック)」「個人信用調査(規模の小さい法人・設立されて間も無い法人も含む)」「訴訟背景調査」「マーケティング調査」「債権回収調査」などがそれ。大手調査会社と弊社との間には棲み分けがあります。調査会社の使い分けをご理解いただければ、情報収集が効率的になります。
※メニューバーの『調査の種類』をご覧ください。

○3 見積書に記載した項目は必ず守ります

調査は「形のない商品」です。料金と手続きを透明にしないと、お客様から信頼を得ることが出来ません。特に料金トラブルは絶対あってはなりません。こうしたトラブルを防ぐため、弊社では見積書に調査項目を付記し「あらかじめ調査料金を、書面で確認いただくこと」「お見積書の内容から逸脱した調査はしないこと」「見積金額を超えた調査料金は請求しないこと」を徹底しています。おかげさまで弊社ではお客様とのトラブルはありません。
※メニューバーの『料金と依頼方法』をご覧ください。

○4 どんな業種の人がどんな調査を頼んだのか?を見てください

お客様の依頼背景はまちまちですので、一つとして同じ調査ありません。しかし背景を分析していくと「共通項」を見出すことができ、また同業者が調査を依頼するパターンも似通っていることも見てとることができます。いまお客様が抱えている懸案と、類似した事例をこのサイトから見つけることが出来れば、どのような調査を依頼すればよいのだろう?というイメージがすぐつかめるはずです。
※メニューバーの『業態業種別の調査』をご覧ください。

○5 ○○という調査を用い、□□を解決する情報を集める会社です

お客様が望まれるのは、「調査結果をもとに、現状を良い方向に改善する」ことです。すべての調査がその意向に沿っていなければなりません。『個人信用調査を用いて、裁判争点の事実関係を確認する』『法人個人信用調査を用いて、テナント入居者の退去を見通す』『行動調査を用いて、開発物件の近隣対策を講じる』『行動調査を用いて、勤怠状況のチェックする』など、調査はすべて掲題の○○と□□で表すことが出来るのです。ここまで読んで、あなたの疑問は解消されましたか?サイトを隅々まで読んだが、まだまだ聞きたいことがたくさんある。そういう方はなんなりとお問い合わせください。
※メニューバーの『【法務・総務】訴訟関連の調査』をご覧ください。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5333-5091 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

無料小冊子のご案内

無料冊子バナー4

syuhi

【事例バナー】20170126

faq

12

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.