反社会的勢力調査 危機管理業務 JASDAQマザーズ上場企業向け 債権回収調査

業態業種別の調査

  • HOME »
  • 業態業種別の調査

【文字バナー3 20170207】

どういう職種の人が、どういう背景で調査を依頼してきたか?

弊社では、「情報の収集とその分析」こそが危機管理業務の要、と位置付けています。

【情報収集1】新規取引先・利害関係先の中で、反社会的勢力に遭遇してしまう懸念はないか?
【情報収集2】商取引を装った詐欺的行為に巻き込まれる懸念はないか?
【情報収集3】事故に遭遇してしまった際(未回収債権発生等)、その問題を解決する情報はなにか?
この3つが、「情報収集と分析」による危機管理の具体策と考えています。

平時では、危険予知・機器の予防・危機発生時の準備、を進めるため、
有事では、発生中の被害を最小限に食い止め、危機の拡大と2次被害を防止するため、
有効な情報を収集する必要があるでしょう。そして、自社でカバーできない情報は外部に任せる。

近年、暴力団排除条例が施行され、株式公開や上場企業の増資(東証、JASDAQ、マザーズなど)で反社チェックのニーズが、一層高まりつつあります。またM&A(企業買収や合併)を進めるときにも、買収先の取引リストへ反社スクリーンニングを実施することは必須。

こうしたサイクルの中で、弊社の「情報収集力と分析」は必ず御社の役に立つはずです。

○○という調査手段を使って、□□するための情報を集めてほしい

調査は一つとして同じ事案がありません。しかし、ご相談の多い部署・職種はあります。「よろず相談的部署」である総務、「コンプライアンス」を検討する法務、カネの流れが大きくなる不動産建設業、といった方たちからの打診が勢い多くなります。そして、その代理人の「弁護士」からご相談をいただくことも少なくありません。

『個人信用調査を用いて、裁判争点の事実関係を確認する』
『法人個人信用調査を用いて、テナント入居者の退去を見通す』
『行動調査を用いて、開発物件の近隣対策を講じる』
『行動調査を用いて、勤怠状況のチェックする』 などなど。弊社がお客様から依頼されることは、この命題にすべて集約されます。以下に例を挙げた過去の調査をご覧になり、御社がいま頭を悩ませている事案と似たケースはありませんか?どういう調査が必要で、調査でできることとできないことを、すぐ打合せいたしましょう。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

無料小冊子のご案内

無料冊子バナー4

syuhi

【事例バナー】20170126

faq

12

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.